子どもと大人の姿勢は違う

こんにちは^_^
広島でアスリートの夢と挑戦をサポートするトレーナー枡川です。

 

スポーツ選手のケガ予防とパフォーマンス向上に必要な事をお伝えしております。

本題に入る前にちょっと告知。

小学生限定!夏の特別講座はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
小学生限定!夏の特別講座のご案内♪

 

では本題。

今回は、
【子どもと大人の姿勢は違う】です。

子どもは大人のミニチュアではない

成長痛に悩まされないようにするためには

・姿勢

・動き方

ここがとても重要という事をお伝えしました。

ヒトが本来持っているカラダの機能を引き出して、カラダの土台をつくる。

それが、ケガの予防にもなり、その選手の可能性、潜在能力を引き出す事に繋がるということでした。

コチラ⇒成長痛の原因

 

大人も子どもも、“姿勢”“動き方”が重要なんですが、この姿勢についてお母さんから相談を受けることがよくあります。

 

『うちの子めっちゃ姿勢悪いんですよ』

 

実際に見てみて、

『あちゃー』

という姿勢の子も当然います。

 

でも、
問題ないのに姿勢が悪いと思われている子もいるんです。

 

なぜそんなことが?

と思いますよね。
これは子どもの姿勢がどんなのかを知らないからですよね。

 

そう。
子どもと大人の姿勢って違うんです。

 

大人の理想的な姿勢ってありますよね。

正しい姿勢

 

↑こんな感じ。
細かいポイントはおいておきますが・・。

 

で。
子どもってこんな姿勢じゃないんですよね。
子どもがこんビチッとした姿勢だとちょっと違和感ありますね。

逆に、よく“幼児体型”なんて言いますが、大人で幼児体型だとちょっと嫌ですよね。

 

大人には大人の。
子どもには子どもの姿勢があるってことです。

 

ちなみに幼児体型っていうと、骨盤が前傾していて腰も反っていて下っ腹ポッコリ。

姿勢子ども

骨盤前傾で反り腰・・・
大人の女性にも多いですが・・・。

 

この幼児体型はだいたい2歳くらいですかね。
みんなこのような姿勢です。

それから年中さん、年長さんになってくると、骨盤の傾き具合が大人の感じに近づいてきます。

 

そうなんです。
成長と共に姿勢は変化していくんです。

 

その変化は、背骨や骨盤だけでなく、下半身もあるんです。

子ども脚

↑こんな感じで脚のラインも変化するんです。

 

子どもの姿勢の特徴を簡単にまとめると

・骨盤が前傾し、腰の反りがきつい
・成長と共に大人の姿勢に近づく
⇒だいたい10歳過ぎたあたりで大人と同じような姿勢となる
・下半身は、2歳まではO脚。3,4歳はX脚。5,6歳でまっすぐになる
・足のアーチは5,6歳頃に完成

このような感じです。

 

ちなみに。
“骨”も大人と違います。

・骨が柔らかい
・骨端線がある(←あれば身長はまだ伸びます)
・骨より靭帯の方が強い

こんな感じ。

こんな話をしていると皆さん気になるのが、あれば身長がまだ伸びるといわれる骨端線。
確かに気になりますよね。

骨端線

↑骨端線というのはこれ。

骨端線は、成長期の子どもの骨にしかないもので、レントゲンをとると、骨の端っこの方に隙間が空いているように見える線です。
この隙間は、骨が成長するために必要なもので、これがあれば骨は成長するので身長も伸びます。

 

で、話を姿勢に戻します。

子どもたちのカラダは、成長と共に、この地球上で生きていくために最適な状態へと変化していきます。

 

発育発達の中で経験す全ての動きが、
骨格と姿勢、動きをつくるんです。

 

・・その環境さえ整っていれば!

 

問題は。
もしも!成長のために必要な経験ができないとしたら?

 

これは良くないことになりそうですよね。

 

なんですが、現代社会では

・赤ちゃんが大きな声で泣けない
・ハイハイするスペースが少ない
・すぐに掴まり立ちをする
・外で安心して遊べない
・公園の遊びも厳しく制限されている
・自然の中で歩いたり遊んだりが減った
・洋式トイレやベッドの普及
・雑巾がけなども減った
・楽のできる便利なもので溢れている
などなど

 

本来であれば、遊びや生活の中で【成長に必要な経験】ができていたんですが、それが難しい環境となっています。

このあたりは以前にもお伝えしましたが・・。
コチラ⇒ 子どもの可能性を引き出す“関わり方”

 

確かに、楽で便利で清潔で安心な世の中です。

しかし、それらの影響で、子どもたちにも腰痛、肩こり、姿勢が悪い、転びやすいなど様々な問題がでてきています。

 

このような時代だからこそ、
子どもたちの健やかな成長のために“何か特別な事”をする必要があるんですね。

 

カラダとココロは繋がっているので、心の成長にも大切な所ですからね。

成長に必要な経験をどんどんさせてあげましょう。

1成長

前の記事

成長痛の原因